会社概要

遺品がそのままの状態で残っていると、見るたびに故人の思い出がよみがえり、心が重くなってしまうこともあるでしょう。

私どもが故人の私物を丁寧に仕分け、片付けていくことで気持ちの整理をお手伝いをいたします。

故人との思い出や記憶の架け橋となる大切な遺品の整理は、本来であればじっくり時間を費やして行いたいものですが、故人が貸家・アパートを借りていた場合は、すみやかに部屋を明け渡す必要があり、早い段階で整理を始めなければありません。


生前整理とは、今元気なうちに死後のことを考えて身辺や財産の整理をすることをいい、近年は20代や30代といった若い世代の方も利用を始めている「終活」のひとつです。